記事一覧

Nier:Automata と蒼き革命のヴァルキュリア 体験版レビュー

Nier:Automata(ニーアオートマタ) と蒼き革命のヴァルキュリアの体験版レビューしていこうと思います。

まずはニーアですね。

前作(?)のニーアレプリカントはプレイ済みです。

今回はプラチナゲームズさんが開発に加わっているということで、前作よりアクション強めになってます。

ノーマルで一通りやってみたのですが、流石プラチナゲームズ。普通に歯ごたえあります。
アクション苦手なら結構きついかもしれません。

ジャスト回避も当たり前のようにできます。序盤でもお構いなしに使います。
ハード以上になると必須かもですね。こわいこわい。

でもヴァンキッシュやベヨネッタなどに慣れている人なら全然問題ないと思いますね。
まぁ開発一緒だし当たり前なんですが

主人公(ヒロイン)もかわいいし最高です。パンツも普通に見られます。後ふとももがエロい。
私は前作の妹の印象を引きずっているので対象にするのはちょっときつい。


世界観は前作のDエンド後みたいですね。体験版で出てくる雑魚敵は全員ロボットみたいです。
「マモノ」の件があるので一概には言えませんが


ロボットと合体した時はびっくりしました。
でも嫌いじゃないです。というかロボットものを最近見かけないのでむしろウェルカムです。


グラフィックもそこそこ綺麗でした。荒廃した世界って好きなんですよね。

でも体験版のステージは前作の廃工場を思い出して憂鬱でした・・・
あのステージはもうお腹いっぱいです。(ストーリー的な意味でもアイテム収集的な意味でも)

BGMは相変わらず素晴らしい。これについては言うことないです。

ストーリーも触りだけでしたが充分続きが気になります。あの二人どうなってしまうん・・・?
できれば今度こそHappy ENDを迎えてほしいですね。

今作も例によって周回要素がありそうですし、期待の新作です。




次に蒼き戦場のヴァルキュリア

「戦場のヴァルキュリア」シリーズは私にとって思い入れのあるゲームで、中学生の頃から追いかけてました。

でも今作はちょっと無理です。


事前に他の方のレビューを拝見させていただいたので完全初見ではありません。
正直ここまで酷いとは思わなかった。


まずモデリングですね。この時点で私は無理でした。
ぶっちゃけ劣化してません?
そう感じるのは私に思い出補正がかかってるからですかね?そうだといいんですが・・・

まぁ「戦場のヴァルキュリア」と比べるのは確かにお門違いなんですが、
設定に「ラグナイト」とか「ヴァルキュリア」とか出してる時点で比べない方が違和感があるというか無理があります。


今作はターン制ではなくなってます。その変わりアクション要素を強めてますね。

でもそのアクションは微妙でした。なぜ連続で攻撃できないのか。爽快感なんて感じません。

あと、ターン制じゃないので「戦ヴァル」では重要だった「戦略」がなくなったように感じます。
難易度ノーマルだから、というのもあるんでしょうけどあまりにも簡単すぎる。

突っ込んで回避して攻撃する。お前はヴァルキュリア人かと

AIも残念だし・・・おっさん酔っ払いすぎなんだよ!!

なんかファンタシースターポータブルやってる気分になりました。
ファンタシースターは面白かったですけどね。オンライン要素ありますし。

ストーリーは尖った所もなく普通です。本当に普通。


体験版の途中で辞めたくなるって相当ですよ。
私の固定された「ヴァルキュリア像」があるからそう感じただけかもしれませんが・・・
本当にやっててよかった体験版。

私はスルーしようかなーと思います。愛といっても限度がある。
ソシャゲ落ちした時点で察してはいたんですけどね。


以上で終わりたいと思います。ニーアは購入決定ですね。いやぁ2月が楽しみだ。

それではお疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライ(すに)

Author:ライ(すに)
消滅都市をメインでやってるソシャゲーマー。
だいたい微課金。
あと伝奇モノとか美少女ゲーとか
大好きです。
何かあればお気軽にTwitterかコメントで
お願いします。Twitterの方が反応が早い
かもしれません。

最新コメント

ニコニコ生放送

カウンター